再婚活も婚活サービスを利用できる

ある婚活サイトでは、会員の13%が結婚経験者なのだそうです。

言い換えると、婚活されている方のうち、13%の方が再婚活なのです。なかでも40歳前後を中心に再婚活している方は多くなっています。


1/3は再婚カップルです!

ある結婚相談所では、成婚退会したカップルのうち、約30%が「どちらかが再婚」のカップルでした。

積極的に再婚活している方は多くなってきています。


半数の方が5年以内に再婚!

成婚された方のうち約50%の方が、離婚から5年以内に再婚しているようです。

はやめの再婚活開始が、成婚につながりやすいと言えます。


再婚するなら再婚に強い婚活サービスを選ぼう


まずは出会いを見つけよう


このように再婚は特別なものではなくなったといえますが、初婚再婚を問わず、出会いがないと交際は始まりません。

交遊関係が広く、知人や友人からの紹介が期待できるなら、そうでない方は婚活サービスを利用したほうが、早くたくさんの出会いがあります。

とはいうものの、どんな婚活サービスを選べばいいのかという不安もあります。

  1. バツイチだけど会員登録できる?
  2. 子持ちでも大丈夫なの?
  3. 仕事で毎日忙しいけど...
  4. 費用はどれくらいかかるの?

など、再婚の不安があげられますが、これらは再婚に強い婚活サービスならスッキリ不安を解消してくれます。


再婚活におすすめの婚活サービス3選


マリッシュ 婚活アプリ(女性無料)
  • 再婚の方、子連れ婚の方向けの 優遇プログラムあり
  • 女性は月額会費無料
結婚相談所
  • 30%が再婚カップル
  • 子育てママ応援プランも用意
  • 結婚チャンステストで婚活診断
中高年専門の結婚相談所
  • 中高年専門の結婚・再婚・パートナー探しサービス
  • 女性45歳以上、男性50歳以上
  • サービス提供エリア : 関東、関西、東海、九州


自分に合った結婚相談所を選びたいなら


結婚相談所を比較したいなら


婚活アプリや婚活サイトは比較的料金が安いので、まず利用してみるというも悪くない選択です。

しかし結婚相談所は入会には入会金や初期費用がかかるので、しっかり厳選したいものです。

再婚にはオーネットがおすすめの相談所なのですが、自分にあった結婚相談所を納得して選びたいなら、結婚相談所比較サイトの利用がおすすめです。

一度の申し込みで、気になる結婚相談所の資料を無料で一括請求できます。実際にパンフレットを並べて比較できるので、WEBよりも比較しやすいと人気です。

またWEBサイト上には書かれていない料金等の詳細情報も明快に記載されています。

結婚相談所の資料



結婚相談所の比較サイトから資料請求すると、「入会金半額」などのお得なクーポンが同封されていたり、入会金だけではなく、「初期費用半額」といったクーポンメールが届くこともあるので、結婚相談所も視野に入っているなら、まず早めの資料請求をしておくとお得です。


おすすめの結婚相談所比較サイト



婚活・結婚おうえんネット
  • シニアミドル専門結婚相談所も資料請求可
  • 年代別にピッタリの相談所が選びやすい
  • 制限なし!該当するすべての相談所に無料で資料請求
結婚サービス比較.com
  • 20〜40歳までの結婚相談所を中心
  • 最大10社に無料で資料請求
  • 大手優良企業27社から選べます


条件を入れて検索!自分にピッタリの婚活サービスが見つかります


条件検索で自分い合った婚活サービスを選びましょう


再婚活におすすめの婚活サービスを紹介してきましたが、ご自分の条件で絞り込むこともできます。

条件を選んで検索ボタンを押すと、あなたの条件に合った婚活サービスのみが表示されます。

「詳細検索」も利用すると、「費用検索」もできるので、こちらも参考にしてください。

条件に合う婚活サービスのみに絞り込みましょう

絞り込み検索リセット
詳細検索



再婚・婚活に必要な3つのポイント


再婚成功へのポイント



当たり前の話かもしれませんが、結婚したいなら待っていてはダメです。

初婚でも30代を過ぎると、結婚への出会いはピークを過ぎていると言われています。
再婚なら、なおさら待っているだけなら時間ばかり浪費してしまい、なかなか出会いが訪れないかもしれません。

そうならないよう、3つのポイントをふまえて積極的に行動しましょう。


合コンやSNS参加だけでは出会いは期待できない


合コンでは出会いは見つからない


最近の結婚についての調査結果によると、婚活サービスを利用した経験のある方は、合コンやSNSなどのコミュニティーに参加しただけの方よりも、結婚できた割合が高かったそうです。

そもそも合コンに参加して、どれくらいのカップル誕生を見てきましたか?
あなたのまわりに合コンから交際を始めた方はいらっしゃいますか?

意外と少ないのではないでしょうか。
「複数」対「複数」というシチュエーションでは、なかなか出会いのきっかけはつかみにくいものなのです。

確実な出会いを求めるなら、積極的に 「結婚相談所」「婚活アプリ」などを利用して、1対1の出会いの機会を作ることが近道というわけです。

ポイントその1
   「一対一」の出会いの機会を増やす!


再婚するにはどの婚活サービスを選ぶべきか?


最も成婚率が高い婚活サービスは?


婚活サービスには、さまざまな種類があります。しかし残念ながら、どの婚活サービスを選んでも、確実に交際が始まるというわけではありません。

最も成婚率が高いのは、「結婚相談所」です。

その理由はいろいろ考えられますが、一番大きな理由は、登録している方の結婚への本気度が高いということです。

そしてさらに、結婚へ至るまでの徹底したサポートが受けられる ということです。

確実に結婚したい男女

×

結婚相談所のデータとサポート

||

婚活成功 結婚


したがって、再婚したいなら、結婚したいなら、結婚相談所が最も近道となるわけです。

ポイントその2
  早く再婚したいなら結婚相談所が最適!


婚活アプリなら複数登録が基本です


婚活アプリは複数社登録しよう


結婚相談所を選択した場合は、サポートが充実しているので、他の婚活サービスを利用する必要はありません。

しかし婚活サイトや恋活アプリを選択した場合は、サポートが少ないので基本的には自力での婚活となります。そのため、一つのサービスだけではなく、複数のサービスを利用したほうが、はやく交際が始まります。

特に女性は利用料が無料の婚活サービスが多いので、ほとんどの方が3社くらいに会員登録して婚活されています。


理由
1つ目の理由は「比較」しないとわからないから
恋活・婚活アプリは、似ているようで少しずつ特徴特色が異なります。複数使ってみると比較できるので、ここは使いやすい、ここは自分には合ってないが明確にわかります。

自分に間合わないサービスを長期間使い続けて、結局お相手が見つからないという最悪の事態も避けることができます。

理由
2つ目の理由は「時間短縮」できるから
婚活サービスとの相性は使ってみないとわからないものです。いろいろ悩んで一つのサービスを使ってみたものの、自分には合わない!使いにくい!会員層が合わない!などの不満があった場合、そのサービスに縛られてきた時間がムダになります。

しかし、複数サービス同時利用なら、合わないサービスをやめて気に入ったサービスを選ぶだけなので、無駄な時間を費やす必要がありません。

ポイントその3
  1つの婚活アプリに頼りきらない!


恋活・婚活アプリや結婚相談所を利用しようかな思ったら、いろいろ考える前にやってみることは、たった2つです。

@結婚相談所の資料請求をする
A婚活アプリの無料会員に登録する

これらのポイントをしっかりおさえて婚活サービスを効果的に使いましょう!


>>再婚に適した婚活サービスに戻る



再婚と離婚について100人に聞きました

再婚するって難しい?それともカンタン?

まずは実状を調べるために、再婚経験者100人に「離婚」や「再婚」についてアンケートしました。
内訳は女性64人、男性36人でした。

特に気になる、
  1. 何歳で再婚できた?
  2. 離婚からどれくらいで?
  3. 子持ち再婚だけど大丈夫?
についてのアンケート結果は次の通りでした。
あくまで今回のアンケート結果に基づくものですが、再婚活の参考になればと思っています。


何歳で再婚できましたか?


再婚できた年齢は


再婚年齢は離婚した年齢にもよりますが、何歳くらいなら再婚できるかという疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

アンケートの結果では、30代がもっとも多く、次いで20代、40代となっています。
意外と40代の再婚が多いことに安心された方もいらっしゃるのではないでしょうか?


離婚からどれくらいの期間で再婚できた?


離婚からどれくらいの期間で再婚できた?


再婚しよう!と思い始める時期も関係すると思いますが、「1年以内」が意外と多く、全体では「2年以内」に再婚されている方が、およそ6割を占めています。
やっぱり一人で生きていくのは厳しいものがあるのですね。


子持ちだと再婚できない?


子持ちでも再婚できる!


一般的に再婚への障害となるのが、「子供の有無」だと言われています。
実際に20代の再婚や40代の再婚では、お相手の「子持ちへの理解」が必要になるのは確かです。

ところが今回のアンケートでは、100名中43名は子持ち再婚でした。

予想以上に子持ち再婚も一般的な再婚だということがわかりました。子持ちだから再婚をあきらめるというのは、非常に消極的なのかもしれません。

内訳は20代女性13名、30代女性16名、30代男性5名、40代女性4名、40代男性2名、50代女性2名、60代男性1名という結果でした。


再婚相手はどのように見つけましたか?


お相手探し


なんらかの婚活サービスを利用した方が半数を占めました。
次いで「知人や友人からの紹介」が多い結果となりました。

ただし年代別に内訳をみると、「知人や友人からの紹介」は20代に集中しており、30代以降になると婚活サービスを利用した方が多いという結果となりました。

なかでも特に30代は子持ち子なしを問わず、婚活サービスを利用していた方が多かったです。おそらく30代以降は紹介してもらえる機会が減少するため、婚活サービスを積極的に利用する方が多くなってきているといえるかもしれません。

もうひとつ言えるのは、「SNSや趣味サークルでは婚活はしにくい」ということです。あくまで趣味の情報交換などが目的のグループなので、そこで男女の出会いを求めるという行為はタブー視されてしまうのかもしれません。実際、今回のアンケートでも、100人中1人しか、再婚に至っていません。

やはり婚活するなら、結婚相手を探している方ばかりが集まる婚活サイトやアプリで、アプローチするのが効率的だということでしょう。


>>再婚に適した婚活サービスに戻る



どんな婚活サービスが再婚に向いているのでしょうか?


どの婚活サービスがおすすめ?


婚活サービスや恋活アプリは月額会費が安く、特に恋活アプリについては女性は無料で利用できるので、アプリとサイトを併用されている方も多く、アプリに関しては複数社に会員登録されている方も多かったです。

ただし30代の再婚については、結婚相談所を利用して成婚されている方が多く、気軽に参加できる婚活パーティーで再婚できた方は少なかったようです。


>>再婚に適した婚活サービスに戻る



結婚相談所と恋活アプリと婚活サイトの違いは?


恋活アプリと婚活サイトの違い


まず最初に、わかりにくい「恋活アプリ」と「婚活サイト」の違いを独自目線で解説します。

恋活アプリも婚活サイトも、男女のマッチングサービスであることには違いはありません。

またどちらのサービスにも、Facebookのアカウントで会員登録やサービス利用するものがあるため、男女の出会いについてのシステムには大きな違いはないと考えられます。

ただし明確に異なる点は、恋活アプリは「女性無料」、婚活サイトは「女性も有料(男女同額)」という点です。

女性も有料なので、結婚に真剣な会員が集まっているのが「婚活サイト」と言えるでしょう。
また、婚活サイトには「コンシェルジュサービス」を提供しているサイトもあり、相談やアドバイスなどのうサポートがついています。

そして、結婚相談所は、婚活サービスの中でもフルコースのサポートやサービスが受けられる婚活サービスで、従来型の「仲人紹介型」と「データマッチング型」があります。
また「データマッチング型」の中には、格安の「オンライン完結型」の結婚相談所も登場しています。

以下、このような区別でおすすめの婚活サービスを解説していきます。


離婚について100人に聞きました

他人の離婚原因も気になるものです。
私の離婚原因は特別なの?それとも仕方なかったの?

離婚原因を思い返すことで、再婚へのモチベーションも上がってくるかもしれません。


離婚の責任は誰にあったの?


離婚したのは誰のせい?


離婚の理由、責任はどちらにあったかというアンケートでは、「主に男性によるもの」が半数を占め、「主に妻によるもの」の4倍以上となっています。

特に女性の再婚は、お相手に離婚理由や原因をしっかり説明することで、バツイチに対する警戒心も薄まるでしょう。

さらに男性の「自分が守ってあげなければ」という感情をも引き出すことができるかもしれません。



離婚の原因は何でしたか?


離婚の原因はなに?


離婚の原因として、よく耳にする「性格の不一致」が多いのかと予想してましたが、最も多かったのが「相手の浮気」で、次は「仕事をしない」「金遣いが粗い」などの生活費にまつわる原因でした。

3位の「DV等(さまざまなハラスメントを含む)」を含め、離婚原因は「男性によるものが多い」という裏付けにもなっています。

バツイチ男性の方は、自分に心当たりがないか、よく考えてみましょう。


>>再婚に適した婚活サービスに戻る



年代別の再婚事情|現状と注意すべき点とは?


離婚の原因


再婚方法や離婚原因などを見てきましたが、やはり年代別に条件や事情は異なるものです。
ここからは、年代別の再婚事情について、ポイントや注意点を考えていきましょう。


20代バツイチの再婚事情|現状と注意すべき点とは?


20代バツイチ再婚の現状


婚活においてバツイチの人間は遠ざけられがちですが、20代であれば若さのおかげもあって比較的婚活対象として認められています。
そんな20代バツイチは子供がいるかどうかがポイントです。
それだけで再婚へのモチベーションに差があるというのが特徴的です。

子供がいなければ「しばらく再婚はしない」と考える人がいるものの、子供がいれば「将来のためにパートナーが欲しい」と思って行動に移す人がたくさんいます。

そのため多くのバツイチが集まり、自分と同じ境遇の人を見つけて「自分だけじゃない」と思い、精神的なストレスから解放されるケースが多いです。

注意すべき点を挙げるとしたら、20代バツイチは婚活の場がまだ幅広いということを忘れてはいけないということです。

基本的にバツイチの婚活は結婚相談所が向いていますが、20代はアプリやパーティーをまだ活用できる年齢です。
アピールの場が多いということは、それだけ出会いがある可能性が高いということを意味しているので、相手を見極めながら様々な場を活用するべきと言えます。

30代バツイチの再婚事情|現状と注意すべき点とは?


30代バツイチ再婚の現状


バツイチの年代において一番シビアな年齢は30代です。
今日に至るまでのあらゆる分野の技術の進歩のおかげで人間の寿命は伸び、結果的に30代の結婚は当たり前になっており、また離婚が多いのも30代の特徴です。

基本的には再婚希望者が最も多い年代ではあるものの、再婚したいと思っているうちに年をとってしまうというケースも目立っています。

特に30代の女性なら、結婚を機に仕事を辞めたものの、結局自立しなくてはならなくなって仕事を探さなくてはならない負担もかかっています。

いずれにしても再婚を目指すなら、20代の初婚と同じようにはいかないことを覚悟しておきましょう。
なかでも20代の感覚で、20代が多く集まっているような婚活の場所でアピールすることだけは避けなくてはならないと断言します。

20代と30代の異性を比べて、もしこの2人のうちどちらか好きな方を選ばなくてはならないとしてら、大抵の人が20代を選ぶのが一般的です。
しかもバツイチともなれば、まだ経験が少ない20代の若者は尻込みしてしまいます。

20代から見て30代は結婚の対象ではないのです。

逆に言えば適切な場に赴けば、30代という年齢に興味を抱く人がいるはずなので、30代なら30代の多い出会いの場所に行くのが正しいです。

30代のバツイチ再婚はあまり時間をかけられないためか、最も結婚相談所を利用している年代です。


40代バツイチの再婚事情|現状と注意すべき点とは?


40代バツイチ再婚の現状


40代のバツイチは年々増加しており、同時に結婚相談所に登録する人も珍しくないです。

ただしその現状は20代や30代にはあった恋愛感情は薄く、どちらかと言えば自分の暮らしにおける刺激またはリフレッシュのために再婚を行っています。

そのため40代の再婚では見た目以上に立ち振る舞いが重視されており、前向きで誠意がある言動を心掛ければ自然と人が集まってくるものです。

それから年齢を言い訳にせず、自己責任を持つようにすることと再婚相手の条件を下げることが求められます。
再婚できない理由を年齢のせいにしたところで、それは見苦しいうえに、周囲への印象が下がってしまうのは当然です。

再婚相手の条件を下げるというとわかりにくいかもしれませんが、理想にこだわるよりも現実を重視し、妥協点を探すようにすれば、再婚活は上手くいくはずです。

もっとも40代のバツイチでも子供の存在は、成否の分け目です。
子持ちかどうかというだけでも再婚の成否に関わりますが、さらに子供が思春期であれば反発して上手くいかない可能性もあるということが40代独特の特徴と言えるでしょう。


50代バツイチの再婚事情|現状と注意すべき点とは?


50代バツイチ再婚の現状



40代のバツイチの急増とともに、50代のバツイチによる再婚も増えています。

その理由は50代ならではの事情です。
「定年を間近に迎え、家で暮らすようになってから感じる孤独感をどうにかしたい」や「子供が自立したので自分の生活を見直したい」など寂しさゆえに再婚を目指す人が多くいます。

その活発になっていく婚活の動きからか業界では、50代のバツイチによる再婚を「第二の結婚適齢期」と呼んでいるほどです。
とはいえ50代はバブル景気を堪能した世代であるため、その価値観をそのまま再婚活に持ち込んでしまうこともあります。

当然、バブル時代の価値は現在においては非常識であるので、再婚活失敗の原因になりがちです。
過去は過去、まずは今を見つめるのが注意すべき点と言えます。

それから再婚に対する考え方を明確に持ち、それを相手に伝えるようにしていくことも大切です。
これによりパートナーの条件がはっきりし、探しやすくなります。あとは自分と同じ世代や年齢の人が多く集まる結婚相談所に登録すれば、再婚相手を探しやすいです。

熟年バツイチの再婚事情|現状と注意すべき点とは?


熟年バツイチ再婚の現状


熟年離婚という言葉が生まれてから年を取ってからの離婚は当たり前になり、それに伴ってこの年代のバツイチの再婚もまた一般的になっています。
実際に熟年のための婚活パーティーは行われており、そのうえ精神的に成長している年代なのでバツイチでも気にしないところが特徴的です。

互いのライフスタルを把握し、喧嘩しないようにルールを作りながらパートナーとして一緒に生きていくという生き方が熟年の再婚の理想とされています。

けれども熟年の再婚において、トラブルになる要素として挙げられる遺産相続の問題は厄介です。

子供がいれば尚更で、新しく迎えたパートナーに遺産を与えることに納得できない子供や親族と争わなくてはならないケースが多くあります。

それから互いの親の介護や熟年の再婚に好奇心がそそられた周囲の目、納骨の問題に再婚に対する子供の理解など熟年ならではの問題も考えなくてはならないです。とにかく事前に確認、もしくは話し合わなくてはならないところがあるのがこの年代の事情と言えます。


>>再婚に適した婚活サービスに戻る



子持ちの再婚事情|現状と注意すべき点とは?

年代別の再婚について紹介してきましたが、年代別の現状に付け加え「子持ち」という現状についても知っておく必要があります。
子持ち再婚特有のポイントや注意点について男女別に考えていきましょう。


シングルマザーの再婚事情|現状と注意すべき点とは?


シングルマザー再婚の現状


シングルマザーが再婚を考える際には、子供の本音を聞き出せる環境を整えておくことが大切です。

思ったことは何でも口にしているように見える子供でも、意外に親には気を使っていることも多くあります。
本当は再婚することに反対なのに、それを言ったら母親が悲しむからと自分の気持ちを封じ込めてしまうことも意外とあるようです。

日頃から話やすい親子関係を築いておくことも大切ですが、自分以外に相談に乗ってくれるような相手を見つけておくといいかもしれません。
子供にとっての祖父母や親戚、習い事の先生などです。家庭にいない第三者の方が、子供にとっても話しやすいこともあります。

それからパートナーとは、再婚後の生活について具体的に話し合っておくことが求められます。

本当のお父さんとの面会はどうするのかや経済面、子供に関する支出は誰が払うのかといったことです。
新たなパートナーとの間に子供を望むのかといったこともきちんと話しておく必要があります。


シングルファザーの再婚事情|現状と注意すべき点とは?


シングルファザー再婚の現状


シングルファーザーが再婚する際に大切なのは、子育てを新しいパートナーに任せっきりにしないことです。

子供にとってもパートナーにとっても血のつながりがない全くの他人なわけですから、信頼関係を築くまでには長い時間がかかります。
再婚したことでつい相手に頼ってしまう男性は多いものですが、子育てに関しては「全部自分がやる」という気持ちで臨む必要があります。

勿論、家族ですから助け合いは必要ですが、助けてばかりいる方は不満が募ってしまいます。
また、お互いに連れ子がいて再婚する場合には、相手の子供ともより良い関係を築かなければなりません。

何かと気苦労も増えますが、不満を自分が我慢すればいいと溜め込みすぎるのも考えものです。
怒ったりせずに、自分の気持ちをきちんと伝えるということは結婚生活を円滑にする上で欠かせません。

何も再婚者に限った話ではなく、どんな人間関係においても重要なことです。それから経済面や精神面が安定していることもお互いに必要なことといえるでしょう。


>>再婚に適した婚活サービスに戻る



再婚できる人とできない人には違いがある!?


再婚できるできないの違いとは


再婚できる人は、結婚して家庭をつくることに対してポジティブなイメージを持っていることが多いです。
離婚経験があると、どうしても結婚にネガティブなイメージを持ってしまいがちになります。結婚に失敗してしまったと、自分に何か問題があったように感じる人も少なくありません。

しかし、長い結婚生活の中ではお互いの気持ちや関係性が変化することはあります。
理想の相手と思って結婚しても、合わなくなることもあるのです。

まず、再婚するためには自分に対して自信を持つことが重要になります。
それから経済的に自立していることも、心の余裕につながります。
経済面での不安があると大きな決断をする時に迷ってしまうことも多いですし、心に余裕がないのでイライラしてしまいがちです。

定期的な収入があれば、子供がいる場合に本人が望むような進路を選ばせてあげることもできます。
安易に仕事を辞めたりせずに、長く働くことを大切にするようにしましょう。

子持ちでも再婚できる秘策とは?


子持ちでも再婚できる方法


子持ちで再婚するための方法として、一番手っ取り早いのはお見合いです。

お見合いのメリットは、何といっても条件面で合意した上で会っているというところにあります。
恋愛だと交際を始めてから、やっぱり子持ちの人とは結婚できないということもあるようです。

特に相手が初婚の場合には、子持ちで再婚というのはハードルが上がります。
お見合いであれば最初から子供がいることや再婚だということを承知しているので、そういった事態にはなりません。勿論、会ってみてあまり話が合わずに交際には至らないということもあります。

ただ、お見合いだと仲介してくれる人が、相性の良さそうな相手を選ぶので意外とトントン拍子に縁談が進むことも多いようです。
お見合い以外だと、自分の人柄を良く知っている友人や同僚などに声をかけておくといいかもしれません。

しかし、お見合いを仲介してくれる方がタイミングよく現れてくれる可能性は高くないので、確実に紹介してくれる婚活サービスを利用する方が効率的だと言えるでしょう。

条件に合う人を紹介してくれるでしょうし、子供がいることや再婚ということを知っているので、交際後にトラブルになることもありません。

バツイチの再婚活を成功させるコツとポイントとは?


再婚活を成功させるには、ありのままを誠実に相手に伝えることが重要です。再婚に限ったことではありませんが、人は自分を良く見せたいと見栄を張ってしまうことがあります。

実際に交際して再婚の話が出た段階で嘘がバレると、相手に信用されなくなります。年収を実際よりも多く伝えていたり、ローンを抱えていることを内緒にしているといったことなどが挙げられます。

それから子供がいる場合には、子供の気持ちを丁寧に聞き出すことが非常に重要になります。
すぐに仲良くなれるわけではないので、長い目で見て信頼関係を築いていかなければなりません。

また、バツイチや子持ちということで相手の親に反対されることもあるでしょう。
その時、親は再婚には全く関係ないといった態度をとると、関係がこじれてしまうことにもなりかねません。

親族との関係は非常に難しく原因でパートナーとの不和を招くこともあるので、謙虚に理解してもらいたいという姿勢を崩さないことが大切になります。

また一人再婚活を行うのは、なにかと大変です。
再婚された方の半数がなんらかの婚活サービスをされていますが、とりわけ結婚相談所や婚活サービスなどのコンシェルジュサービスを利用すると、再婚についての相談もできアドバイスがもらえるので、精神的にも負担が軽減されるはずです。


>>再婚に適した婚活サービスに戻る



絞り込み検索リセット
詳細検索






























































































































































































ページの先頭へ戻る